×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


一周年だよ!全員集合!


左近「石田三成殿と、我が殿・石田三成殿のお友達殿!お話があります!」

三成「いや!それより今のだらだらとした名前らしきモノ、一体なに!?」

吉継「もしや俺の敬称!?名前で呼べよ!」

左近「自分は、男の名前を覚えるスペースを脳の持っておりません!
   そんなモノを覚えるより、一人でも多くの幼女の顔や姿、性格や
   好み等を覚えるべきです!今こそ、己の全てを幼女の為に使いま
   しょう!お二人もご一緒に、さあ!

三成「一体俺達に何をご一緒させる気だ!?あえて深く聞かないけど!」

吉継「っていうか、人として最悪だろ!」

左近「いえいえ、幼女は私を慕い、私は幼女を愛しているのですから
   この位は当然の事です。ところで今日は、特別にゲストとして
   幼女を連れてまいりました」

三成&吉継「また城下町で誘拐を働いたのか!?

左近「もちろん違います。幼女の方から付いて来て下さったのですよ」

三成「嘘付けよ!」

吉継「っていうか、幼女に対して敬語使うなよ!」

左近「それでは、誘か…連れてきた幼女を紹介します。…幼女です

三成「名前ぐらい聞いとけよ!」

吉継「っていうか、『幼女』で統一するなよ!」

??「ど、どうもこんにちは…ここ…ドコ?」

三成「げッ!本当に幼女だ!ついに未遂の域を越えてしまった!」

吉継「てめぇの配下だろ!保護責任者遺棄で捕まっちまえ、佐吉ィッ!

三成「もう知るか!この際お前も同罪で捕まっちまえ、紀之介ェッ!

??「こ、恐いよ〜…僕、なんでこんな所にいるの…?」

左近「よしよし幼女。そんなに恐がら……ん?幼女よ。君は一人称に
   『僕』という言葉を使うのですか?まぁ、それも萌えですが!

??「…え?…あの…僕、男の子なんだけど…」

左近「な、な、な、な、な、なんとーッ!?

三成「本当だ、随分ナヨナヨしてるから女子かと思ったが…」

吉継「良くみれば、長宗我部さんチの元親殿じゃないか」

元親「ねぇ、おうちは、ドコ?僕…迷子になっちゃったよ…」

三成「お!見ろ紀之介!左近がショックで気絶してるぞ!」

吉継「よし!今のうちにアンケートの『年齢』項目を発表しよう!」

元親「へぇ…結構いろんな歳の人が来てるんだね。ちょっと意外…」

国親「見つけた!儂のかわいい姫若子や!こんなところにおったのか!」

元親「あッ、お父さーん!良かった…恐かったよぉ…」

国親「おーよしよし…良かった、無事で…」

長宗我部家家臣軍団「ギロッ…」

三成&吉継「え?いや、俺達は全然関係な……ンギャーッ!?」

元親「あーあ、皆早とちりしちゃって…しょうがないから、三成さんの
   代わりに僕が次にズーム・インするね。次は薩摩の島津さんだよ。
   じゃあ、
ズーム・イン!!えいッ!」

長宗我部家家臣軍団「げ・き・萌・えーッ!!!!


NEXT!≫≫