×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


明石の間


景勝「失礼します…」

信玄「好きだァ謙信ちゃーん!!!!

謙信「うぉおおお!離れろストーカーッ!

景勝「えぇぇ!?いきなりこの展開!?ハード過ぎるよ!」

謙信「おぉ、景勝!お前見てないで助けろ!今だ必殺毘沙門スラッシュを出せ!

景勝「そ、そんな面白技持ってません!」

謙信「つっかえねぇ甥っこさんだな!って、ドサクサに紛れてくっ付くなオッサン!」

信玄「WowWowWow!僕等はひとつ!」

謙信「黙れ!お前とワンペアにされるくらいだったら日本海に飛び込んだ方がまだマシだ!」

信玄「えぇ!?結ばれぬ敵同士の恋に嘆き、とうとう俺と心中!?

謙信「超絶違えぇえええ!どこをどうやったらその解釈になるんだ!?」

信玄「謙信ちゃんと俺、いつも以心伝心。心の距離繋ぐテレパシー」

謙信「完全パクリじゃねぇか!なんだお前カラオケ大好きッコか!ノリノリか!」

信玄「歌上手だよ、俺。今度謙信ちゃんの目を見詰めながら『ラブストーリーは突然に』を
  耳のつんざくような裏声オンリーで歌ってあげるよvvv」

謙信「その説明のどこにも魅力を感じねぇーッ!絶対歌うなよッ!?」

景勝「お、叔父上落ち着いて…」

信玄「そうだよ謙信ちゃん!そんなに怒ったら大事な母体に悪影響が…

謙信「アホかー!誰が母体だ、誰が!」

信玄「もちろんマイスイートエンジェル☆(つんッv)」

謙信「きもももももももももももももぉいッ!!!!

景勝「お、叔父上の台詞も相当キモい!」

信玄「ねぇねぇところで謙信ちゃん、このジャリボーイは誰?」

謙信「俺の甥っこ兼養子だよ。さっきから言ってんじゃん」

信玄「え、養子なんていたの!?俺と謙信ちゃんが結婚した後、超邪魔じゃん!
  俺と謙信ちゃんの織り成す甘酸っぱい新婚生活にこんな障害物が!?絶対嫌!

謙信「みょ、妙な妄想を口走るな!」

景勝「え、叔父上とうとう結婚するんですか!?」

謙信「する訳ないだろうがッ!良く考えろ、アンポンタン×2!
  もういい!お前等そろって駄目!俺がアンケート結果勝手に発表する!」




謙信「…という事で、前回のアンケートに引き続き、『逸話集』が一番だった」

信玄「それもこれも第一話が『愛する愛しの信玄様へ〜塩と一緒に私もあ・げ・る〜』
  だったからだよね!八割以上そのおかげ!つまり俺と謙信ちゃんの愛の結晶!」

謙信「だ、題名と内容が本来と違って大きく捏造されてるッ!まさにゴットハンド
  ここまで来ると誉め称えたくなるほどの妄想力ッ!」

景勝「あ、あの、叔父上…ええと、お邪魔しました…二人ともお幸せに…」

謙信「か、景勝ッ!違うんだ!そんな可哀想な人を見るような目をしないでくれ!」

信玄「謙信ちゃん、走っちゃ駄目だ!もう君は一人の身体じゃないんだから!

謙信「黙れハレンチ学園学長!違うんだ!誤解なんだ!戻ってきてくれ景勝ーッ!」


PASSその四『ag』


大広間へ