×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  1.  v


長浜の戦い
〜長宗我部元親初陣〜


永禄三年(1560)年、土佐の国。
同じ土佐の戦国群雄・本山氏に兵糧を奪われた事にキレた長宗我部国親は、
本山氏の長浜城に攻撃を仕掛ける事にした。


━━━ 合戦前日

元親「うーん……ねぇねぇ」

親貞「はいはいはい!いかがされましたか、兄上!?」

親泰「是非とも私に仰って下さい!」

親貞「何!?抜け駆けは許さんぞ、親泰!?三男は廊下の隅でキャベツの芯でも
  好きなだけかじってろッ!」

親泰「そんな事言って自分が抜け駆けするつもりなんでしょ!?兄上なんて台所の
  隅で携帯電話の開け閉めのみを繰り返して
いれば良いじゃないですかッ!」

親貞「なんだと!?じゃあお前はさらに…」

国親「
だー!うっさい黙れー!!

親貞&親泰「ち、父上…!」

国親「元親の相談事は全て、父であるこの国親が受ける!外野黙ってろ!
  …さて、いかがされたのかな?姫若子よ」

元親「う、うん、実はね?」

国親「こ、小首の傾げ方萌えー!!

元親「え?」

国親「い、いや、なんでもない!」

元親「そう?実はね、聞きたい事があるの」

国親「うむvV何でも聞くが良い!儂が手取り足取り教えるぞvV」

親貞「ちょっと待て、
エロ親父ッ!

国親「エロ親父!?儂をエロ親父だと言うのか!?エロい事は認めるが、今の台詞の
  どこにエロスを感じると言うのだ!?」

親泰「エロい事については否定無し!?何て男らしいんだ、父上ーッ!

国親「それともなんだ!?儂自身から無意識に染み出ているエロスがお前を誘惑して
  いるのか!?
この儂がお前の心を惑わしてやまないと言うのか!?
  しかし残念ながら儂にはそんな趣味は無いッ!消えろ、親貞!」

親貞「俺にも無ぇよ、そんな趣味!言わせておけば、この馬鹿親父…」

元親「み、みんな怖いよぉ〜(´□`。)°゜。」

国親&親貞&親貞「あ〜、ごめんごめん、ごめんね姫若子(兄上)〜」←ヘタレ三人衆

国親「もう喧嘩はしないから、話を聞かせておくれ。な?」

元親「(こくん)」

親貞「な、長めで余り気味の袖を口元に当てて頷くの萌えー!!

元親「え?」

親貞「い、いや、何でもありませぬ!」

国親「で、一体何が聞きたいのかな、姫若子や?」

元親「う、うん、あのね?明日僕、初めて戦に出るでしょ?」

国親「…本当は出したく無いのだがな…。良く考えたらお前ももう
二十二歳…。
  今後の事を考えて苦渋の選択だ。分かっておくれ、姫若子や」

元親「うん、それは大丈夫だよ。親貞も一緒に初陣だし…。でも僕、知らないの」

国親「うむ、何をかな?何でも教えるぞぃ(←エロ親父)」

元親「えっと、こんな事も知らなくて恥ずかしいんだけど…槍の使い方…とか…」

親泰「は、恥じらいのせいで赤くなったホッペタ萌えー!!

元親「あと、大将は兵の前に行った方が良いの?後に行った方が良いの?」

国親「
ふ、不安そうな表情でチラチラこちらを見る表情萌えー!!

元親「僕のせいで負けちゃったらどうしよう…」

親貞「
涙目プラス上目使い、不謹慎ながら萌えー!!

元親「でも僕、一所懸命頑張るよ!」

国親&親貞&親泰「健気な言葉と溢れんばかりの笑顔と……

  ………あぁ、もうとにかく萌えぇぇーッ!!



━━━ その夜

国親「儂の可愛い可愛い姫若子や。見上げてごらん。ホラ、きれいな星空だよ」

元親「本当、凄いキレイ…あ、流れ星!お願い事しなくちゃ!」

国親「ふふふ、じゃあ儂もしようかな?」

元親「あ、消えちゃった…。お願い事、二回しか言えなかったけど…叶うといいな」

国親「大丈夫じゃ、姫若子。儂は一回しか言えなかったから、二人で三回分、
  一つの願い事だ。…さあ、もう遅いからおやすみ」

元親「うん、僕、明日頑張るからね(にっこり)…おやすみ、お父さん…」




━━━ 翌日(合戦当日)

親貞&親泰「ち、父上ーッ!!起きて下さい!大変です!大変なんです!

国親「…ん?どうした、そんなに慌てて?」

親貞「あ、あ、あ、兄上が…!」

国親「何!?儂の可愛い姫若子に何かあったのか!?」

親泰「そ、それが…」

元親「うわ〜ん(´□`。)°゜。」

国親「おぉ、その声は姫若子!どうした一体何を泣いて…
  
…って誰だこの全裸の筋肉はー!?

元親「お父さん、僕だよ、元親だよ〜」

国親「嘘をつけ!儂の姫若子は、まるで野に咲くスミレの花のように可憐で可愛い
  らしい子だ!デカくていかつくて筋肉隆々でしかも全裸なはずがない!」

元親「朝起きたらこうなってて…体が大きくなったから服は破けちゃったの( p_q)」

親貞「むむむ、信じがたいが、確かに声や性格から考えて兄上に間違い無いようだ…。
  しかし、なぜこんな事に?」

元親「昨日ね、僕、お星さまにお願いしたの。『強くなりたい』って…」

親貞「それでー!?それだけでこんななっちゃったの!?
お星さま単純思考!

親泰「しかし、それではなぜ外見だけが強くなって中身はそのままに?」

国親「あ!儂も昨日、その流れ星に願い事した!
  『元親がいつまでもこのままでありますように』って!」

親泰「それでー!?それで願い事をミックスさせちゃったの!?お星さま中途半端!

元親「うえ〜ん、もとに戻りたいよ〜(´□`。)°゜。」

ヘタレ三人衆「
そ、そんないかつい顔で泣かれても萌えーんッ!Σ( ̄□ ̄;)

長宗我部軍兵士「失礼します。国親様、合戦の準備ができました。
  (あれ?こんなデカい人、ウチの軍にいたっけ?)」

国親「あっ!そうだ、今日は合戦だった!」

元親「…………」

国親「仕方ないから、本山さんに頼んで今日の合戦はキャンセルにしてもらおう!
  この際キャンセル料は気にしない…ん?どうした、姫若子や?」

元親「……それがしはその戦、出陣するぞ

国親「え…ひ、姫若子?」

元親「本山の一族、一人残らず根絶やしだ

国親「姫若子!?一体何を…」

元親「何だ貴様!それがしに口答えするのか!?
へし折るぞ、この場でその首をッ!

ヘタレ三人衆「
な、中身まで進化したー!Σ( ̄□ ̄;)


こうして、姫若子こと長宗我部元親は、鬼若子へと華麗なる進化を遂げた。
肝心の本山氏との戦いは、
勝手に敵陣に突っ込んだ元親の活躍により、
本山兵・二千五百人をたった千人の兵で打ち破った。
土佐の出来人・長宗我部元親の晴々しい戦国デビューである。

ちなみにこの戦の半月後、父・国親が急死する。
病死だという事になっているが、今後
『元親の変貌によるショック死説』
有力視されて行く事だろう。


モドル