×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


明智光秀ネタ


信長「………………暇だ」

光秀「…え、はい?」

信長「なぁミッチー。俺、いま凄スッゴイ暇なんだがな…」

光秀(←※ミッチー)「…あ、はい」

信長「だから、お前ちょっと将軍殺して来い

光秀「……は、
はいぃぃぃぃぃぃ!?

信長「一人だけでも良いからさ」

光秀「将軍は普通一人だけです!オンリーワン!」

信長「えッ、もしかして…嫌なのか!?ワーオ!信じられんッ!」

光秀「嫌に決まってますよ!完全に犯罪じゃないですか!
   何言ってんですかイキナリ!?どのような理由でそんな…」

信長「だって俺、暇なんだもん」

光秀「ちょ、本気ですか!?本気と書いてマジで言ってるんですか!?」

信長「だって久秀はしたぞ?将軍殺し。やろうよ、ミッチーも」

光秀「松永久秀は例外中の例外です!あの梟雄と一緒にしないで下さい!」

信長「久秀、ああ見えて結構シャイで良い奴なんだけどなぁ…」

光秀「
この顔でシャイ!?キモッ!」

信長「でも、俺はそれ以上に
戦国●双のミッチーの方がキモ…

−−−−−−−−−−しばらくお待ち下さい−−−−−−−−−−

丹羽長秀「ダメでしょう信長様!戦●無双の光秀殿に色々言ったら!」

信長「だけど、だってアレは…」

金森長近「確かにアレはちょっとアレですが、そこはツッコんではいけない所です!」

信長「しかも、ミッチーったら俺のお蘭(森蘭丸)に
わいせつな行為を…」

滝川一益「
だぁーーーーッ!!!駄目です!言ってはいけません!」

信長「ふぐぅ…」(一益に口を塞がれてる)

木下藤吉郎「それより一緒にマシュマロとか食べましょうよ♪」

佐々成政「お前は黙ってろ猿ッ!!話がややこしくなる!」

池田恒興「とにかく!分かりましたか、信長様!戦国無●の光秀殿については禁句です!」

信長「……むぅ、分かった。言わないように最大限努力する」

前田利家「そうです信長様。貴方はやれば出来る子です。頑張ってください」

信長「うん、俺頑張る」

柴田勝家「よし!任務完了!それでは第六天魔王軍団解ッ散ッ!!お疲れッ!

第六天魔王軍団「お疲れ様でしたー

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

信長「…で、要するにああ見えて、久秀は結構明朗なんだぞ」

光秀「え…な、なんか今、一瞬変な集団が……き、気のせいですか…?」

信長「何言ってんのさミッチー。そんな事あるわけないじゃん」

光秀「いや、しかし今、確かに…」

信長「気のせいだ、気のせい。きっとミッチー疲れてんだろ。
   養命酒でも飲んで、早く寝たらどうだ?」

光秀「奴等、私をチラ見しつつ信長様を囲み、あからさまに聞こえる声で…」

信長「ええい!俺の言う事が信用できんと言うのか!?
   そうなのか!?あぁそうか分かったよ!!
  お前なんぞ切り捨ててくれるわッ!!!

光秀「うわッ!突然逆ギレし…

−−−−−−−−−−しばらくお待ち下さい−−−−−−−−−−

丹羽長秀「お、おさえて下さい信長様ッ!!」

信長「何故だ!?離せ長秀!俺はあいつを切り捨てるのだーッ!!」

金森長近「落ちついて下さい!今ここで光秀殿を殺して何の意味があるのですか!?」

信長「意味など無い!とにかくキレた!ブチキレた!あンの
金柑あた…

滝川一益「
ぎゃーーーーッ!!!駄目です!言ってはいけません!」

信長「ぬぐぅ…」(一益に口を塞がれてる)

木下藤吉郎「でもやっぱり、チョコが入ってる方がゴージャスで良いですよね♪」

佐々成政「またお前か猿ッ!話の流れを理解しろ!それが出来なきゃ山に帰れ!!

池田恒興「とにかく!分かりましたか、信長様!光秀殿の頭については禁句です!」

信長「ええーまた禁句?なんか『マル禁ワード』みたいで嫌ァ」

前田利家「文句を言わないで下さい信長様。我等は貴方の為を思って言っているのですから」

信長「又佐がそう言うなら…仕方ないなぁ…。やれる範囲で頑張ってみる」

柴田勝家「よし!任務完了!今から二次会やるぞ、俺の家でな!付いて来い!」

第六天魔王軍団「やったー!!行きます行きます!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

信長「…なーんちゃって。打ち首なんて冗談だ、決まっておろう」

光秀「…い、いえ、そんな事より今、またあの連中が…」

信長「まだそんな事言ってるのか。しつこい奴だな、もう諦めろ」

光秀「諦めるも何も、今確かに存在して…」

信長「貴様
…執拗に突くぞ?

光秀「どこを!?」

信長「
重点的に右目

光秀「い、いや!それだけは勘弁の方向で!……全く納得できませんが、
   何も見てないと自分に言い聞かせてみます…。
   イナイイナイ奴等はイナイ犬も築城野郎も瓶割も猿もイナイイナイイナイイナイ…。
   …はい、私は何も見てません!!これで満足ですか!?

信長「おう満足だ!!…んじゃ、俺は急用が出来たから、ちと出かけるわ」

光秀「随分突然ですね…何処にお出かけで?」

信長「
勝家んチ。今から二次会なんだってさ」

光秀「そうですか御気をつけて…
   …ってやっぱり奴等、確実に存在してるじゃないですか!

信長「今頃気づいたか、
この食いしん坊め☆
   じゃあなミッチー……
織田信長はクールに去るぜ!

光秀「な、何ノリノリでカッコ付けてるんですか!?
   ちょっ、信長様!仕事サボらないで下さいーッ!!



光秀レベルUP!(信長に対し確かな殺意が芽生えました)


9000キリ番を踏んで下さった、片倉さんへ。
スミマセン、激中途半端です…
てへッ☆(カワイ子ぶってもダメ)
光秀は生真面目なんで動かしにくいよ〜。
反比例して信長様は絶好調ですね。
やりたい放題、ワガママ放題!なんて素敵なオジさまなのかしら!
ちなみに特別出演第六天魔王軍団が自分的にお気に入り。
正直、本編よりこいつ等の方が面白いと思いました(何ッ!?)

ちなみに名古屋弁バージョンはこちら


モドル